牛乳の豆知識

 

牛乳にカルシウムが含有されていることに関しては、今となっては「日本人の常識」ではないでしょうか。

しかしながら思いがけないことに、牛乳が他の食品と比べて特にカルシウムが満杯かといったら、間違ってもそうとは断言できません。
100gあたりの含有量から言ったら、牛乳の成分でカルシウムは煮干しの1/20、干しエビの1/70、ひじきの1/14とカルシウム成分を含む食品をより多く摂取したいなら、こうした品々の食品を食べたほうが良いんです。さらに牛乳には、1つのビッグな問題が発生しています。それはなにかというと「乳糖を含む」ということになります。
血糖値を下げる食品の牛乳を完璧に消化するようにする為には、乳糖を分解することが必要です。乳糖を分解する働きは、小腸に存在しているラクダーゼという酵素となっていますが、残念ながら多くの日本人はラクダーゼを生成する能力が極端に低下しているか皆無の状態です。単刀直入に申し上げればほとんどの日本人は牛乳を適切に消化できないと断言します。
人はどんな人でも生まれた際にラククーゼを捕っていると考えられます。どうしてかといえば、母乳からバッチリ栄養を摂取するからなのです。しかしほとんどの人は、授乳期を経過するとラクダーゼは圧倒的に減少するか、消え失せます。授乳期をすぎでもラクダーゼの分泌をキープすることが可能なのは、太古から遊牧や牧畜等で月日を過ごしてきた人達がほとんどで、このような「種族」というものは世界の全人口のうち二割程度しか存在していません。

牛乳


牛乳を飲みすぎたときなどに、下痢や腰痛が発症する原因は、乳糖の摂取が多すぎなどによる消化不良が一般的です。消化が不完全であれば、牛乳に紛れ込んでいる栄養は完璧に吸収されません。下痢ともなれば、牛乳は勿論のこと胃腸の中に存在する食品にまで流出してしまいます。下痢が発生することによって体内に存在しているカルシウムも体外へと流出するため、カルシウムを山盛り摂ろう。なんて感じに牛乳をバカ飲みすることにより、反対にカルシウムが不足するリスクがアップするだと言ってもいいでしょう。
牛乳は、身体にとって飲みすぎなければ悪いものにはなりません。良い面も大量にあります。しかしながら牛乳に含む栄養素は、別個の食品からも取り込むことも可能です。世の中日本人のフードスタイルは非常にに豊富なおかげで、授乳期を経過したそれ以降は(乳)を飲む必然性はない、と位置付けても言い過ぎではないと思います。
血糖値を下げる食品牛乳