納豆(ナットウキナーゼ)の豆知識 その1

 

納豆は、古くから日本の文化食品なんですけれども、ここ最近において納豆の優秀な効能に健康食品のなかでも最も注目されていますし納豆の存在を重視されています。

血糖値を下げる食品の納豆は、大豆を納豆菌で発酵させた商品で、納豆園の機能に応じて大豆本来の栄養成分がグングンパワーアップがなされ、消化吸収も全力で効果を表すでしょう。
しかも、納豆独特な有効な成分をキープしていて、主原料の大豆と見比べて、アミノ酸群を筆頭に、ビタミンK、ビタミンB群、パントテン酸、ニコチン酸等の成分が数多くなっているのです。
納豆菌のお陰で生み出された成分でナットウキナーゼと呼ばれる酵素は、血液のかたまりである血栓を溶けさせる働きをします。
それに匹敵するだけの効果は、血栓病の治療法に活用される血栓溶解剤といったウロキナーゼよりも優秀な成分で、血液をサラサラに変更する効果はずば抜けています。このナットウキナーゼの働きにより、脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞等の3大病を避けることが出来ると必要とされています。
また、納豆菌には殺蘭作用、抗菌や整腸作用も存在して、大腸菌、チフス蘭やO157等の菌の繁殖を防止し、腸内搬境を調整しているのです。
それに加えて、納豆に含有されている大豆サポニンには、中性脂肪や血中コレステロールを減少させる効果や、脂質の新陳代謝活動を進行させて肥満を予防する活動などが存在しています。そのため、納豆食品の成分に動脈硬化、脂質異常症、動脈硬化や高血圧の改善と予防にも効果が期待できます。さらには、大豆に数多く加わっているレシチンは、血中のコレステロール値をコントロールし動脈硬化などを防ぐのです。これ以外に、レシチンは脂肪肝のを予防に有効だったり、記憶力をアップさせて痴呆癖を予防するためにも有効です。
納豆は骨を形成するカルシウムがふんだんに含まれていて、カルシウムが骨に付着する働きホローするビタミンKを豊富に含んでいることが特徴にあげられます。

納豆


ビタミンKは大豆にも多く含有されていますが、納豆ではその含有量は大豆の約48倍に急増します。これについても、納豆菌の働きが関係しており
さらに、枝豆や大豆、納豆に含まれるイソプラボンにも骨粗しょう症を予防する硬化に期待ができます。イソフラボンは大豆発芽に多数含まれるポリフェノールの仲間で、人体の中で女性ホルモンの種類のエストロゲンに似た働きをします。
エストロゲンと同じようにイソフラボンは、カルシウムがいつも過度に溶け出すものを防御し、骨量を増加させる影響を及ぼしますので、このため納豆は骨粗しょう症の予防改善に非常に効果が期待できます。
血糖値を下げる食品納豆(ナットウキナーゼ)