トマトの豆知識

 

欧州では古くから、「トマトが赤くなると医者が青くなる」と称されるくらい、トマトはとっても栄薬価の高い野菜の食品です。

トマトは、ミネラルやビタミンの宝庫ともいえる健康野菜食品であり、ビタミンC、Bなどのビタミン類、βカロチンや、鉄、カリウム、カルシウムといったミネラルがバランスがよく含まれています。
また、ペクチンといわれる水溶性の食物繊維もふんだんに含まれていますです。最も大多数含まれるビタミンCは、血管を丈夫にする作用があって、血中のコレステロールを減少させる働きも存在します。また、トマトには血管壁を常に強化しつつ血圧降下作用効果のあるビタミンPも含んでいます。
そもそもトマトのがなぜ赤い色をしているかというとカロチノイド仲間リコピンといわれている赤い色素で生じるものになります。リコピンは、ビタミンEの100倍、βカロチンの二倍の強力な抗酸化力が含まれていることが判明して、一躍雑誌やTVで脚光を浴びました。
活性酸素は、不治の病といわれていたガン、動脈硬化、生活習慣病などの多種多様な病気や老化の元凶といわれています。リコピンは代表的な抗酸化物質であるビタミンEやβカロチン以上にこの活性酸素を取り除く効果が高いといわれています。
しかも血糖値を下げる食品のトマトにはリコピン以外にも、ビタミンC、E、βカロチン、セレンなどといった抗酸化成分も盛りだくさん含有されていて、たくさんある効果が見込めます。
血圧上昇をコントロールしつつ、高血圧の改善予防、血栓生成を制御し血行血流をbestにして、血液をサラサラ状態にし糖尿病を予防・改善する効果や動脈硬化を予防などが確認されています。

トマト


また、トマトの服用で疲労回復、むくみの改善やダイエットなどに関しても効果的といえます。
真っ赤に熟したトマトはリコビンの含有量が増えてきているんですが、日本国内では完熟型の「桃太郎」と称される品種が凄まじいシェアを上昇させています。
トマトは、いろいろな料理の食品に使用出来るほか、トマトジュース、缶詰、ピューレ、ケチャップなど、多種多様な加工品に作成してあります。現実には、これらの加工品は一般的なトマト以上に栄養価が効果的なのです。そのわけは、加工品には完熟したトマトを原料としているわけですから、リコピンを筆頭にトマトの栄養成分が贅沢にと濃縮しているに相当するわけです。
近年においては、トマトをカットして乾燥させてしまったドライトマト等々も市販されています。生トマトより甘みや独特のコクがあって、いかなる料理の食品としても調理することができます。
血糖値を下げる食品トマト