バナナの豆知識

 

バナナは糖質がたくさんでカロリーが高度なのが独自のものですが、フルーツの中でもカリウムが数多く、りんごの約二倍も含有されています。カリウムは、ナトリウムを生成して血圧を下げる影響力があり、高血圧の改善や予防に効果があります。その他、カリウムと一緒に高血圧予防にも備わっているのが、バナナに豊富に盛り込まれているマグネシウムとなるのです。マグネシウムもまた血圧をコントロールする作用が存在します。そのほか、血液を固まりにくくする作用、神経を緩和する効能があり、心疾患の予防にも有効と考えられています。

バナナにはビタミンCも豊富で、りんごのおおよそ4倍も存在しますが、ビタミンCは血中コレステロールや抗酸化作用を減少する効果を及ぼしてくれます。この様に、バナナには血液をサラサラに変えて動脈硬化を防止する色々な栄養素素が豊富に含有されているのです。また、バナナに含まれる必須アミノ酸である1種トリプトファンには、脳を鎮静化する神経伝道物質セロトニンの成分となるものになります.バナナには、トリプトファンと一緒にセロトニンを生み出すマグネシウム、ビタミンB6、ナイアシンもたくさんあります。要するに、バナナを摂取するとイライラを鎮めることが可能というわけであります。
ここ何年かの研究で、バナナには免疫力を強める成分が含有されていて、ガン予防にいい働きをすることが見つかりました。
血糖値を下げる食品のバナナには免疫力細胞の仲間であるマクロファージがガン細胞を襲撃する影響で形成し出すTNF(腫瘍壊死因子)と言われる物質を増加する生理活性物質がセットされていることが確実になったといわれています。
バナナは発育するほどど甘味が増加させてきます。黄色い皮の外見に作られる褐色の斑点は熟成の象徴で、黒い斑点が見られるバナナは甘くて美味しいバナナだと言えます。ですが、青いバナナでも、保存方法によってはおいしく熟するものです。
美味しいバナナの注目すべき点として皮が均−に黄色くて、色が濃く、褐色の斑点あるものは食べごろ、軸の黒ずんだバナナはおすすめできません。


熱海地方等で栽培されてるバナナは寒さが非常に不得意で冷蔵庫で保存することにより低温障害が発症して皮が黒く変色して風味が劣化するために、なるだけ常温で保存を行なわれることを、おすすめします。
また、100均などで販売されている、バナナの房をつりかける「ハナナスタンド」と叫ばれているものを活用したら、傷みがあまりなく、重宝するでしょう。
血糖値を下げる食品バナナ