サプリの豆知識2

 

サプリメントにも副作用が存在するといわれています。

サプリメントの飲み方の説明書に従って効率的に摂取していれば、効果が文句なしに現れているサプリメントですが、気を付けていただきたいポイントが幾通りかあります。その中でも常に心がけていなければいけないことは、サプリメントの飲み方が原因となって確率や個人差によって副作用が生じるリスクがあるということです。副作用については、例えば病気の治療方法のことを目的に服用された薬を飲んだあとに身体に悪影響が出る作用を招いた結果のこと。サプリメントには生理活性物質といわれる生理作用の高い成分が添加されてるので、その効果が生じるのです。にも関わらず、生理活性物質においては必須条件としてプラスとマイナスが存在しているので、副作用が発生してしまう場合があります。サプリメント業者の多くのケースでは、提供している商品で薬っぽい効果を謳っておきながら宣伝し、その反対にマイナス面とされる副作用になったら食品なので、副作用はあり得ません」「副作用は薬といった場合規定したものなので、食物であるサプリメントには適用できないのです」と自己主張したり、避けたりするものです。卵や牛乳を摂取したあとに身体の不調が発症しても、それを副作用と言わないのと同じ意味を表します。サプリメントを摂取する目的は、常に体調を整え健康体をキープし、いつも元気、さらには綺麗に・・・といったような健康のために効果を期待して摂取するものになるといわれています。もしサプリメントを摂取し副作用に見舞われたら、即服用を中止しかかりつけの病院で診察をしてもらうことを、おすすめします。もし服用を継続した場合は、肝機能障害を起こし入院したり健康どころか不健康になるので自己責任上、注意してください。
血糖値を下げる食品サプリ