豆乳の豆知識

 

血糖値を下げる食品豆乳

血糖値を下げる食品の豆乳は、大豆を原料として豆腐を作り込む状態でできあがる液体になります。豆腐を作成するには、最初に大豆を砕き水と一緒に火にかけて煮て、これを絞り込みます。絞ったカスの方が「おから」、汁の方が「豆乳」といいます。その豆乳を火に掛けて70度以上に加熱すると、上にほんのり膜がつくられてきます。これこそが「湯葉」になります。豆腐を作る方法には、湯葉が張ら無いように温め続けながら「にがり」を入れ込んで固めさせるのです。このようにして豆腐が生成されるので、豆乳は豆腐ができる前の原液といわれるものです。これこそ栄養豊富で、低カロリーな健康的なドリンクになっています。とは言っても、何もしなくては大豆の濃厚な味で飲みにくいと抵抗がある人も少なくないので、植物油や糖などを付け足した「調整豆乳」や、それに加えて飲みやすくなるために果汁などを追加した「豆乳飲料」が市販されています。豆乳口ーションに利用するのは、無調整の「豆乳」そのものずばりです。大豆たんばく質、イソフラボン、レシチン、オリゴ糖、サポニンなど、今話題の女性にとって喜ばしい成分がたくさん詰まっています。

血糖値を下げる食品豆乳